悟飯のドラゴンボールラテン声優が妻と一緒に撃ち殺された

大人の悟飯dbz

個人的で悲劇的な性質があるため、私はこのようなことについての報告に敏感です。

ルイスアルフォンソメンドーサ、 悟飯のラテン語吹き替え声優が射殺され、殺害されました。彼の妻と一緒に。

殺人者はその後、義理のメンドーサの兄弟を殺そうとし、その後自殺を試みました。



ラテン吹き替え声優デスドラゴンボール

これはすべて、メンドーサからスタジオスペースを借りるテナントに関する議論から始まりました。

論争に巻き込まれた後、メンドーサと彼の妻は物事の壮大な計画の中で「何もない」ことで撃たれ殺されました。

スライスオブライフアニメとは

ルイスアルフォンソメンドーサ 1996年に彼の輝きを手に入れ、ラテンアメリカで以来、悟飯のキャラクターを吹き替えています。

彼はまた、ルーニー・テューンズとダフィー・ダックのバッグス・バニーの声優でも役割を果たしました。

メンドーサは正確にはメキシコで亡くなりました。

心からのツイート

最後のツイートの翻訳:

「ほんの数日前、私たちは私の漂流者の表情で笑いました、そして今日あなたはもはやルイス・アルフォンソではありません…誰かが私にそれを説明します…!幸いなことに、あなたは笑いと冗談と長年の思い出で心にとどまります…昨日は悲しい日でした。」

メンドーサのYouTubeでの作品

結局、私が言わなければならないのは、それは本当にこれに到達しなければならなかったのかということです。

とても大きなものはとても小さなものから作られました。いずれにせよ、私は家族が祝福されたままであることを願っています。

ニュースソース: カートゥーンブルー

-

推奨:

あなたのワードローブのための27+素晴らしいドラゴンボールZTシャツ

あなたが恩恵を受けることができる5つのドラゴンボールZライフレッスン