京都アニメーション放火犯は2020年6月に刑事責任を問われる

あすざけいおん

京都アニメーションの火 2019年7月は、過去10年間の悲劇的なアニメイベントでした。

京都アニメーションが小説を「盗んだ」と主張した男は、京アニの建物の1つに火を放った。 36人を殺害し、他の多くの人を負傷させた。

これは、何十年にもわたって日本で発生した最もまれな事件の1つです。



Shinji Aoba,  42歳の少年は、殺害を意図して京アニの建物に火を放ったことを認めた。

#coronavirusのパンデミックにより、青葉の逮捕はやや遅れましたが、京都アニメーションは彼の逮捕を確認しました。

今後数週間(2020年6月)に青葉真司は刑事責任を問われることになります。そしてそこから、彼が懲役刑を宣告されるまで事件は続きます。

シンジ容疑者の逮捕も、事件から火傷を負わせ、逮捕され起訴されるまで延期された。

-

敬意を表する京都アニメーションへのオマージュは次のとおりです。 京都アニメーションが大好き(忠実なアニメファンからのオマージュ)

ニュース提供:京都アニメーション(公式サイト)

推奨:

コロナウイルスのパンデミックを反映した11以上のアニメの世界

これが京都アニメーションの違いです