少年ジャンプ漫画家が中学生に猥褻で逮捕

うんざりした顔アニメ

少年ジャンプでこのようなものを捕まえられたり疑われたりしたのはこれが3人目です。ですから、それは習慣になり始めています。

週刊少年ジャンプで連載中の人気漫画の作者である29歳のシナリオライターが、路上で中学生に無作法に演技したとして逮捕されました。

別の中学生が近くで同様の被害を受け、警視庁の捜査を受けている。



Tatsuya Matsuki  逮捕された人でした。中野区東京の29歳の作家。

NHKが指摘するように:

警視庁によると、6月8日ごろ、中野区の路上を歩いている中学生が自転車で近づいて身体に触れたところ、中野区の路上で下品な暴行があった疑いがある。

その後、警察は自転車で現場から脱出し、通報を受けた警視庁は監視カメラの画像を分析して捜査を行っていた。

ダーリンアニメの見た目

また、約1​​時間後、近くの通りで別の女子中学生が同様の被害を受け、防犯カメラで松木容疑者と非常によく似た人物が見られたので、関係を調査している」と語った。

中学生は松木が彼女に不適切に触れたと主張している。これは東京都中野区にありました。

ニュースソース: 日本放送協会

推奨:

アニメでこれまでに見た中で最も一般的な少年の決まり文句

NHKジャパンがプロパガンダを宣伝する人種差別的なBLMアニメで批判